スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼から電話」が来たら怖いか。

「鬼から電話」というアプリが話題みたいだ。

コンセプトとしては、言うことを聞かない子に「鬼が来るぞー」っていうアプリ。

これだけ聞くと「なんだかわいいなー」って感じなんだけど、
「ちょっと怖すぎる」という話を聞いてさっそくインストール。
(実際に使う予定なんてないよ!)







予想外にホラーだった。








proxy.jpg


これはこどもトラウマになるわー。
ちなみに音声付がyoutubeにあったので一応。




これはこどもトラウマになるわー。(二度目)




……でも、「トラウマになるからやめろ」っていうのも違う気がする。
得体のしれない怖いものが、やってくるかもしれないという経験は大事な気がする。

自分の小さいころも、ポップコーンのおじさんが怖くて
(詳細はこちら)
「ポップコーンのおじさんが来るよ」って言われていたっけ。

blog_import_504c5f0bb554d.jpg


子供にとっては、世界は自分を中心に回っているから
こういう得体の知れないものはみんな「怖いもの」って思っている。

実際社会に出たら他人なんてみんな「得体のしれないもの」であるし、
ある程度の恐怖と畏怖が混ざった感情がないと、他人の痛みのわからない人間になってしまう恐れがある。

もちろんやりすぎてもいけないけれども、
ある程度「この世には自分ではどうしようもできないことがある」って知っていたほうがいいと思う。
この現代社会で、夜の闇はなくなってしまって本能的に「怖い」と思うことが減ってしまって
ある意味「怖いもの知らず」の人間が増えているんじゃないかなぁ。

「地獄の本」が売れているのも、人間は本能的に恐怖を回避しようとして
恐怖に関する情報を欲しているからだと思うんだよね。


絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵
(1980/08)
白仁成昭、宮次男 他

商品詳細を見る



地獄の本とは違うけど、「悪魔のダンス」という本の「地獄の悪魔」ってところに
とってもいいことが書いてあって、割と人生の教訓にしている。

'宗教あるところに地獄あり。天国を語るよりも地獄を語った方が、人は改心します。
人間は怖い思いをしないと、反省しません、学びません。‘



悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔
(1996/06)
視覚デザイン研究所・編集室

商品詳細を見る




「怖いもの知らず」が一番怖いお化けってことで。


そうモンスターズユニバーシティでも言ってた(言ってない)。

↓ランキング登録しました。クリックしてくれるとうれしいな。
スポンサーサイト

テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。