スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ねるねるねるね」からの知育菓子(1)

昨日お菓子売り場にこんなものを見つけた。

proxy (5)

あの「ねるねるねるね」のコーナーにこんなかわいらしいものがあっていいのだろうか?
それよりあの「三角カップで水を入れるシリーズ」らしきものが「焼き物」?

小さいころは奇怪なお菓子だと思っていたあの「ねるねるねるね」も30年ちかく前に販売されてる20世紀の代物だ。
21世紀に入って10年も経てばこの手の菓子だって進化してるに決まってる。




とにかくこれは買って調べるしかない。
ついでに近くの棚にある「粉と水でつくる怪しい菓子」シリーズを買い占めてきた。

proxy (16)


見てるだけで胸焼けがしそうなカラーリングだけど、後学(好奇心)のためだ。
パッケージを見ると、すべてに「知育菓子」と書いてある。
なるほど、作る工程を楽しんだり色が変わったりすることで子供の情操教育になる、ってわけか。

そういうわけで、どうやらクリエイティブなセンスを要求するモノも存在するので
まずは説明書どおりにしか作らなそうなものを作ってみよう。

proxy (15)


まずは箱を開けてみよう。

proxy (14)

どうみても寿司を作るっていうキットじゃない。

しかも「グレープ味」の寿司ってなんだ……?

3.jpg

一番右がシャリ。真ん中のアヤシイ赤と黄色が卵とマグロらしい。
粉を入れてスプーンでかき混ぜているだけだけど、本当にできるのかな……?

f.jpg

イクラを作っている。溶液の中に水滴を垂らして作るゼリー。昔こういうお菓子あったなぁ……。
ネタができたらシャリを4つに握って(ちぎって)盛り付けてみるか。

2.jpg

あ、なんかそれっぽくなった!
これにネタを乗せたら……。
1.jpg

寿司だ!スシだ!(グレープ味だけど)


この調子で他もどんどん作ってみよう!
次はこいつだ!

proxy (13)

めちゃくちゃ毒々しい色合いだけど、合成着色料などは一切使っていないそうです。
これは粉と水よりも、コーンとかウエハースとかのほうが主役かなぁ。
ウエハースが粉々になってさっきより難易度が高い

proxy (18)

さーて盛り付けるぞー。
proxy (12)

できた……カラースプレーとか……細かすぎる……。
苦労した割にはちっさくて達成感がない……。

長くなりそうなので(2)に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。