スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前に読む話

 ある空が青い昼下がりのことだった。俺の相棒が空よりも真っ青な顔で現れた。

「おい、知っているか。この世界はベッドシーツに滅ぼされるんだ」
「気でも違ったのか? いきなり何を言い出すんだ」

 相棒は今にも泣きだしそうな顔をしていた。

「いいや俺にはわかるんだ、ベッドシーツは人間に悪意を持っている」
「ベッドに善も悪もあるもんか」
「それがあるんだよ。俺の話を聞いてくれ」

 俺は眉をひそめたが、それ以上何もしなかった。

「お前さんはベッドシーツがひとりでに歪むことに気が付いていたか?」
「確かに歪むことは歪むが、それは俺たちが寝返りを打つからでひとりで歪んでるわけじゃない」
「普通はそう思い込むんだ、でも俺は気が付いてしまったんだ」
「誰かが勝手にベッドシーツをずらしているって言いたいのか?」
「いいや、ベッドシーツそのものが動いているんだ」

 奴の妄言に付き合うのも疲れてきた。

「じゃあなんでベッドシーツは勝手に動くんだ? そいつの目的は何だ?」
「それはわからないが、俺の想像だとあいつらは人間を嫌っている」
「何故そう思うんだ」
「俺たちが毎日のっかかって重いだろうからな」

 奴の顔は青を通り越して赤黒く興奮し始めた。

「そうさ! 奴らは俺たちのことを飲みこむに違いない! そのために少しずつ動いて様子を探っているんだ!」
「いい加減バカな話はやめろ。変なクスリでももらったのか?」
「違う! 俺は正気だ! その証拠に早口言葉も言えるぞ! 彼女は海岸で……」
「もういい、お前は疲れているんだ。帰って休め」
「休めるもんか! もうベッドは俺たち人類の敵なんだ!」
「知るか! 勝手にしろ!」

 俺は奴を放っておくことにした。もう二度と顔を見ることもないだろう。

 家に帰ってから、俺は長年の相棒を失った悲しみに打ちひしがれていた。
「ふざけるな、ベッドシーツが俺たちを取って食うってか? 馬鹿馬鹿しい」
 そうつぶやいてはみるが、いざ気にし始めるとシーツの歪みが気になって仕方がない。
「これは自然と動いているだけだ、シーツが意志を持って動く? 有り得ない」
 確認するように声に出して、小さく笑った。
 声を出さないと、本当にシーツが勝手に動いているように感じてしまうのだ。
 結局その夜、ベッドに体を預けることができなかった。

 しばらくして、奴が消えてしまったという話を聞いた。
 確かに寝室にいたはずなのに、朝になったら煙のようにいなくなっていたと奴のおふくろさんが騒いでいたから間違いない。周りの奴らは不思議がっていたが、俺だけは奴がどこに行ったか何となくわかるような気がした。
 人間死ぬときは大抵ベッドの上だ。たくさんの死人を乗せていれば、それなりの良くない気がベッドに染み込んでいてもおかしくない。そして生まれた後もすぐベッドの上にいる。人間は生まれてから死ぬまでずっとベッドに頼っているのだ。ベッドなしで生きられる人間は、どこにもいない。故にベッドが反乱を起こしたら、人間は間違いなくベッドに滅ぼされる。

 そして最近、俺のベッドの様子もおかしいことに気が付いた。
 もし俺がいなくなったら、その時はベッドシーツではなく悪意ある毛布に飲まれたと思ってくれたらいい。
 
 もし奴や俺みたいになりたくなければ、ベッドシーツの歪みはこまめに直しておくことだな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。