スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日で二年

あの日から明日で2年。

早かったのか、どうなのか。
よくわからないけど、状況がどんどん気にくわない方向に流れているのは変わらない。


最近津波の映像や被災地の様子を流す前に「ショッキングな映像が含まれます」って断るよね。
あれ、逆にイライラするなぁ。
実際に津波被害にあってトラウマ抱えている人に向けてのメッセージじゃなくて、
「悲惨な現実」を受け取る気のない「安全圏」にいる気でいる奴ら向けなんじゃないかって。

震災前からあった傾向かもしれないけど、ドキュメンタリーを
「重いから見たくない」って耳を塞ぐ意見をわざわざ公言する奴が増えた気がする。
それこそmixi日記で児童虐待ニュースが流れるたびに「涙が出る」とか言ってる奴らと同レベルで、
高みの見物を決め込んでもいないとそういう発言は出来ない。

「重いから見たくない」ってさあ、それを毎日見ている人たちはどうなるんだろう。
毎日淀んだ気分で生きなくちゃいけないの? そういう「かわいそうな人たち」なの?
震災直後「被災者をかわいそうと思わないで」っていう呼びかけがあった。
それはどこに行ってしまったんだろう?

「復興が進んでいない!」「政府は何をやっている!」ってテレビで怒っている人たちも一緒。
「被災地の人はかわいそうだから代わりに怒ってあげなきゃ」って思っているのかな。
とりあえず瓦礫を撤去できたり、店を再開出来たり、少しずつだけど被災地は前に向かって進んでいる。
それをテレビで「まだまだ!」って否定されている。
うつ病患者に無責任に「ガンバレ!」っていう構造と変わらない。

生きているだけで丸儲けなんだよ。
住んでいる家があれば幸せなんだよ。
店に商品が並んでいれば豊かなんだよ。
毎日お風呂に入れるのも幸せなんだよ。

「被曝者」なんて罵られないのも幸せなんだよ。


もっと基本的なところにみんな還ってほしい。
唄歌ってロウソクともして「絆が大事」と言ってるだけじゃなくて。
「現実は辛い」なんて簡単に言ってる暇はない。

学校で勉強できる幸せとか、お給料がある喜びとか、外で自由に走り回れる楽しさとか、
そういうことをたくさん発信してほしい。

辛い出来事も大事だけど、そればっかり流しても目を背けちゃう人がたくさんいるから。
楽しいことも辛いこともどっちもあって、それが人間だから。



明日は静かに過ぎてほしいものです。
やかましいプロパガンタは、断固お断りです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。