スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文ということ

駄文駄文というけど、結局ブログとかに晒して

「見てみてー」という行為は、一体何なんだろう。


謙遜のようであり、実は逃げの口上のようでもある。


実際本当にへたくそで駄文で見せる価値がないと思うんだったら

こっそり仕舞うか、びりびりに破いて捨てたりするわけ。


それをフっとネット上にアップして、恥をさらし続けるか

それが炎上して大変なことになっちゃう。


だからこそ思うんだけど、やっぱり紙に鉛筆で文章を書くって言うのは

とっても大事なことだと思うんだよね。


努力論や根性論でもなんでもなく、ちゃんと根拠もある。

まずは、自分の足跡を残すことで成長を確認できること。

人は過去の過ちを繰り返しがちなので、痛々しい過去の文章を残しておくことが

後々の文章構成力にかかってくると思う。


もう一つは、安易に捨てにくいということ。

どうしてもネット上やPC内に保存したデータだと、削除しやすい。

気に入らないからとすぐ捨てることができる。これが問題。

やっぱり手が疲れてしまうのを防ぐために、どうすれば効率よく

説明できるのかという考えが大事である。


文章って長ければいいと思ってる人多いけど、実はそうでもないからね。


PCなどで手軽に文章を書ける環境にあると、文を長く書きがちだけど

実はそれは非常にわかりにくい。でもわかりにくいことがわからない。



だからなんだって言うと、安易に「駄文」だのへりくだりはやめたほうがいいってこと。

ネットに公開するんだから誰かに見てもらってることが大事。

このブログにやってきた人が何らかのメッセージを掴むことができれば

それは時間の無駄にはならないけれども

ただの独りよがりの自分語りだけだったら本当に無駄になっちゃう。



というわけで、一応ある程度のプライドは持っています。

でもまだ上を見上げたら登れる場所がたくさんあるので、

そっちに行ってみたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。