スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスケットボール

僕の学校にはバスケットが大好きなA君がいました。


でもA君は、ある日事故で死んでしまいました。

みんなは最初こそ悲しみに沈んでいましたが、そのうちA君を忘れてしまいました。



僕が学校を卒業するころのことです。

遅くまで体育館でバスケットの練習をしている音がしました。

しかし不思議なことに、体育館の電気はついていませんでした。



僕が体育館をのぞいてみると、練習をしている誰かはシュートを決めたところでした。

その時、僕は「あっ」と思いました。



その子の首がなかったからです。



シュートを放った先のゴールリングには、投げ込まれたA君の生首が入ってて、

こっちを見てにやりと笑いました。


それから先のことは覚えていません。

ただ、A君はいつまでもバスケットボールが大好きだということがわかっただけです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。