スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももクロZって何ぞ

たまたまかけていた今日のいいとも。


テレホンショッキングに出ていたのが「ももクロZ」こと「ももいろクローバーZ」。



お月様は0点 ‐モデルノロジー研究所‐


感想:「これお昼のお茶の間に出していいの?」


地下アイドルとして熱狂的なファンがいたことは知っていたけど、

それは大人のオニーさんの間でのひそかな話だと思っていた。



それが天下のテレホンショッキングって、一体どういうこと?


一緒に見ていた母は、何が何だかのぽかーん状態だった。



まーねぇ、一般人にはちとキツイものがあるんじゃないの?



それだけ、文化の乖離が進んでいることも問題視すべきなんだけど、

今回の放送を見ていて思ったこと。


「女性が商品化している!」


最近のAKBにも当てはまる、やたらと媚びた口調がその典型。

意図的に舌ったらずを演出しているのかな? はっきり喋らないで、

「わたしはぁ~」みたいな、鼻にかかった甘え声が耳につく。


喋るならハキハキ喋って下さいな。


「甘えた口調でかわいさをアピール☆」っていうが全部が全部になっちゃったら、

ますます「女性の自立」とかからは遠のくのだけれど、

女性団体さんはそういうの取り締まらないのだろうか?


アニメから抜け出たような喋り方やキャラクター。

男性に媚び媚びのモテカワゆるふわルック。


その一方で「女性の人権がどうのこうの」連発しているわけ。

ふにゃふにゃした喋り方する奴がいっちょ前に世の中渡れるのだろうか?


女性は売りたいのか売られたいのかさっぱりわからん。



いつの時代も、女の敵は女、だよね。



(当記事主はウーマンリブ推奨派でもありませんのであしからず)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。