スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊された心を取り戻す方法

例えばの世界の話です。



もしこのまま、世間が効率を重視していくと


間違いなく遠くない未来に淘汰されるものが


「感情的な表現」なんだろうなと思った。



「〇●ちゃんが嫌がっているからダメ」では感情的でダメ。


「〇●ちゃんは君が叩いたことで全治数日の怪我を負ったから賠償しなければ」



そんな指導になってもおかしくない未来の話。



男女間の恋愛も、「価値観が衝突しない」という理由で適当にくっつきあう。


通常の恋愛は前世紀のはしたない文化として認識されている。


情熱的なラブレターなんて旧時代の因習。


現代で言う拷問と同じような感覚で白眼視される。




でも、そんな社会で地下の秘密組織で感情的表現を行う集団が存在して


夜な夜な詩の朗読や演劇を披露しあっていた。


「本当の自由とは感情の自由だ」


「人間の心の叫びを聴け」


ところが当局の査察が入り、全員が拘束されてしまう。


「破廉恥な集団だ」


「社会の敵だ、記憶を抹消しよう」


きわめて合理的な「記憶消去」という処置を受けた彼らは


また「合理的」な街の中に帰っていく。






そんな地下組織の中心部にいてみたいなー、


などという妄想に5分くらい浸っていた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。