スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前について思うこと

昔、物書きを目指していたときもありました。



結構アマチュアの小説やネット小説を読む機会があるのですが、

そこで気になること。



書き出しが「おれの名前は云々」というものが多いけど、

そこで名乗る必要はあるのか?



最近の小説の出だしとしてありがちなこと↓



えーと、あたしの名前はリリス・スナイダー。

みんなからはリリィって呼ばれてる。

いちおー魔導士やってます!

まだまだひよっこって言われるんだけど、

野望はでっかく世界一の呪文をみつけることなんだから!!




えーと。。。



あくまでも小説は物語の展開を楽しむものなので

名前や設定にこだわる必要はないんじゃないかと思うのです。




特に最近のライトノベルやケータイ小説に見られる傾向なのですが、

主人公の名前や生い立ちなどの設定にはやたら凝るのに

肝心の話の中身や心理状態の描写がまったくないのです。


設定についてはまた今度の機会にしますが、

今回はキンキンキラキラした「名前」について気になることを少し。




最近の子どもの名前も響きだけのヘンな名前が多いと言いますが、

小説の中も然り。

「紫苑」と「巽」はもうお腹いっぱいです。




で、何でこんな名前を付けるのかなーと考えてみたのですが。


ひとつは、いわゆる「フィクション感」を出すためかなと予想してみました。

あのデスノートは同じ名前の子がいじめられないようにとわざと

あの名前にしたらしいのですが、事実は漫画より奇なりで

結局マネされて同じ名前の子がいるらしいです。。。




でもそんなこと自意識過剰の小説家きどりがするかなーと思うので

もうひとつ考えてみました。


もうひとつは「なりたい特別な自分」の具現化なのかなー。

現実とかけ離れた存在のキャラクターに「名前」をつけることで

あこがれの自分を体現してるのかと。

いわゆるひとつの「中二病」だと思うのです。




真面目に心理描写を書きたいときは逆にその

きらびやかな名前に注目されてしまって、

内面を描ききれない読み取れないのではないかと思うのです。

「名は体を表す」というので私の場合

キラキラした名前の登場人物は大体ヘンな奴と相場を決めています。



真面目なシーンを書きたいのに「その時美歌鈴(みかりん)は丞之新(じょうのしん)に・・・」

やられたら気になって気になってしょうがないでしょ?




なーんて、一介のアマチュアがいくら気取って言っても

説得力のかけらもないんですが。

気が向いたら「名前編」の続きか「設定編」も書きます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。