スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡の中の少女

鏡の中の少女/杵渕 幸子
¥580
Amazon.co.jp


なんとなく、今すごく読みたくなったので取り上げてみる。


中学生の時に読んだのですが、

とても生々しくて痛々しい話でした。

興味本位で読むもんじゃないなー、と今でも思います。



15歳の少女フランチェスカはダンススクールのマダムに

気に入られるために、ダイエットを始める。

最初はほんの少し体重を落とすはずだけだったのだが、

次第に食事という行為に嫌悪感を示すようになる。

家族との激しい葛藤の末、彼女の病名が明らかになる。



あらすじとしてはこんなもんです。


何がイイかというと、フランチェスカの心理描写がいいのです。

ダイエットをする素晴らしい自分に『ケサ』と名前を付け、

まるで別人格であるように振る舞うフランチェスカが

だんだん「正常」から離れていく過程がしっかり描かれています。


「鏡の中の私、デブのフランチェスカ」

「ここにいるのは素敵なケサ」


誰もがこのような経験があるのでしょうが、

この現象がひどく進んで乖離していくと身体にまで

影響が現れるのですね。



とりあえずオススメしておきます。

ただ、読み終わった後結構生々しい感じがしますが。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。