スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○のかわし方

身に付けておきたい「○○のかわし方」ランキング
 不意を突いた問いかけに答えが準備できておらず、「あ……えっと」とたじたじ。本当は断りたかったのに..........≪続きを読む≫

2位の《保険の勧誘》、これは大変ですね。

或る意味1位より厄介。


実はこの前外交員がやってきてまして、私ではないんですが

隣のデスクで熱心に勧誘をしていました。

その時の台詞。


私どももこういう仕事上、こう言っては何ですが、

大変失礼な言い方になるんですが

どこかに遊びに行かれて、帰りに事故にあって、

半身不随、お仕事をやめなければいけなくなったときに、

ええ、大変失礼で不謹慎なお話だと言うことは

承知していますが、何分この仕事上こう言った

失礼なお話ばかりになって申し訳ないのですが(略



失礼失礼うるさいな。

さっさと言いたいことを言えと(略


結局喋るだけ喋った後、「総合的に考えた結果ヤです」と断られてました。

でも喋ることは全部喋ったのでそれ以上突っ込んだ話もできず、

引き上げるしかなかったようです。


教訓:一生懸命聞いたふりしてるだけで向こうは満足だ。


3位の《路上のキャッチセールス》は実体験ありまくりです。

そのうちのひとつを紹介します。


いかもに怪しげなギャル風のねーちゃんが近寄ってきて


「あのー、今この辺にいる人たちが10代か20代か調べてるんですがいいですか?」


関ったら面倒くさいと思い、最初は無視しましたが結構しつこいので

「どっちに見えますか」と逆に聞くと


「あっ言えないってことはもしかして30代ですかぁ!?」

「つーかそんなことも教えてくれないって何か訳とかあるんですかぁ!?」

「10代か20代か教えたところで何かまずいことでもあるんですかぁ!!??」


と逆に面倒くさい展開に。

「そういう質問は親からの遺言で答えないことにしているんです」とか

適当なことを言ったら流石に離れていきましたが。


教訓:キャッチセールスはひたすら無視。変に答えるとおかしなことになる!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。