スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶなかった

最近冷えてきて日が落ちるのもすっかり早くなって、

帰宅時間は真っ暗になってしまうようになりました。


そして今日。

車で曲がろうとしたら、死角に中学生を発見。

暗かったので気がつくのが遅れました。

急いでブレーキを踏んだので事なきを得たのですが、

それでびっくりしたこと。


奴ら、車が曲がろうとしているのに止まろうとしない。


そりゃ歩行者が優先だとは百も承知なのですが、

「車が止まるだろう」とでも思っているのか、

車が突っ込んでくるのに止まらない。

むしろ車に突っ込んできていました。

もちろん車はライトをつけているわけで、

中学生から車がまったく見えていないということはなかったはず。


これが道理もあやふやな小学生なら仕方ないのですが、

夕方6時半くらいに帰宅する中学生の行動なのかなと疑問です。


「頭では」車が来たら気をつける、とわかっていても

「いざというとき」車が突っ込んできても気にしない。

頭ではわかっていても、咄嗟の行動に移せない

最近の子供なんだなぁとある意味納得です。


こうして人類は進化したのか、それとも退化していくのかなぁ。。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。