スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)な読書感想文の話 その1

やあ(´・ω・`)


久しぶりなんだけど、いろいろあってね。。。


今回は書き方教室じゃなくて

読書感想文って何なのかなーって思ったことを書いてみるよ。

これから宿題で読書感想文を書くって人、

パクリを探して検索で辿りついた人も、

ちょっと読んでもらいたいかもね(´・ω・`)


実は仕事で生の読書感想文を読む機会があったんだ(´・ω・`)

高校生のなんだけど、そしてね、もうね。。。


君らは一体何故読書感想文を書いたんだい?

読む人を凹ませるために書いたんかい(´・ω・`)?


まあ上手なのもあったけど、

大体は「懺悔録」みたいだったよ(´・ω・`)


この本を読んで主人公は。。。

主人公のこんな部分が自分に似ていて共感して。。。。

でも・・・な部分が自分と違って主人公が偉い部分で。。。

でも自分は物事から逃げてばかりのダメ人間で、、、

個性もないし本当に生きていていいのかわからないんです。。。

でもこの本を読んでこれから変われるかなとか思いました、まる。


そんなのばっかり(´・ω・`)


呆れるね(´・ω・`)


そんなのは自分の日記帳にでも書いていなさい(´・ω・`)


数年前に流行ったケータイ小説じゃないんだから(´・ω・`)


もっと読む人間のことも考えてほしいな。。。



日本の作文指導でごっそり抜けおちていること。


「紙の向こうの相手に向けて文章を書く」


だから自己完結した文章が多い、というか日本語になっていない(´・ω・`)

誤字脱字があってもへっちゃらだし、そもそも読んでもらうことが前提になっていないから

非常に字が汚い(´・ω・`)


読書感想文ってさ、


「こんな面白い本を読んだんだよ!!!」


っていうのが基本的に必要だと思うんだよね。


もっと相手が読んで「ふんふんなるほど」って思うものを

書いてほしいんだけど、今の高校生にそれは望めない。。。


だって全てが懺悔にしかなってないんだもん。


懺悔って、結局己の良心との対話なわけでさ、

誰かに聞いてもらうことじゃあないんだよ(´・ω・`)



てなわけで懺悔系読書感想文はどうすれば減るのかを

少し考えていきたいと思います。


日本語を商売にするものとして、

よりよい人格形成を目指すものとして(´・ω・`)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。